←prev entry Top next entry→
銀座&渋谷 2
0
    さっき(銀座編)のつづき。渋谷編。

    渋谷へ着き、楽器屋&レコファンでもめぐるかね・・・
    と思っていたのだけど、観たい映画があったことを突如思い出し、
    上演してるか&上演時間だけでも確かめようと
    スペイン坂登ったところのシネマライズへ。


    ちょうどいい時間だったので「ショートバス」みちゃいました。
    モザイク多し!
    コメントは書かないよ〜、
    一応まだこれから観たい人いるかもだし〜。
    (ちなみにライズでの上映は10月26日までらしいのでお早めに。)


    結局、映画観ちゃったので時間も時間。
    楽器屋めぐりは諦めて「洋服でも買おうかな・・・」と歩いていたはずなのに、気づいたら石橋楽器、レコファンに到着。

    一心不乱に中古CDを漁って、
    CD5枚と雑誌1冊買っちゃいました。

    なかでも、CD観て回るのに疲れてふと目をやった先にあったのが
    スウィングジャーナル1984年5月臨時増刊「ジャズ・ピアノ/キーボード百科」。
    スウィングジャーナル 1984年5月臨時増刊 「ジャズ・ピアノ/キーボード百科」

    手にとって適当にパッと開けたページにはなんとペト
    しかも、記事読み終えてふと隣のページをみたら超〜若い小曽根真さん。
    思わず買っちゃいました。

    ていうか、いくらだったと思います?
    180円ですよ、180円。
    (ちなみに発行当時の定価は1,700円)


    これが出版された頃は私9歳、
    これはUSEDでなければ手に入らない
    なかなかおもしろいお買い物〜デシタ。

    しかも、中身もなかなか充実。
    なにげに音楽書も音楽雑誌も、昔のものの方が
    いいものが多いような気が・・・するようなしないような(以下省略)

    男臭いっていうか。
    いい塩梅にマニアックっていうか。
    アタリハズレのハズレが少ないっていうか。
    (今は「溢れすぎてる」ってだけかもしれない)


    それはそうと、
    ちょっとおもしろいピアニスト星座占いなんてコーナーもあって
    さそり座の私は・・・(以下引用)

    ●激情的で自信を内に秘め、用心深く、慎重なタイプ。自分を表現することがヘタで誤解を受けやすい。愛する心は海よりも深く激しい、“ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン”といったところ。
    ◆ジョージ・ウォーリントン、クロード・ウィリアムソン、ハンプトン・ホーズ、ポール・ブレイ、ジョージ・ケイブルス、ジェフ・ローバー

    だそうですよ。
    相方君には「大当たり」と笑われましたが何か?


    それにしても、この本180円と
    ウェザーリポートのCD480円は激安でした。ラッキー。

    次回はちゃんと新品買お。新品も、買お。



    ///
    いま話題のボクシング内藤選手って
    天然(?)っていうか、キャラちょっと変でおもしろいよね。
    波田陽区に似てるし(笑)。
    あたしと同い年らしい。
    おかげで親近感わいて、めっちゃ応援しちゃいました。
    思わず家で、TVの前で内藤コールしちゃったし。。

    にしても、月曜の後楽園ホールにはじまって、
    先週はいやにボクシングづいてる1週間だったな〜。


    ちなみに内藤大助選手の入場は「Romanticが止まらない」
    C-C-Bだよ。
    さすが33歳。



    Mina

    | mina | 日記 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    2007/10/17 2:03 AM posted by: noguti
    お久しぶりです
    内藤選手は ハートあるね。
    新聞に出ていたけれど 昔 彼がいじめられっ子だった時に
    CCBが司会のラジオ番組に ハガキを出して いじめについての 悩み相談をしたんだって。
    その感謝を込めて ずっと CCBを 入場曲に使っているとか……。
    ますます 内藤リスペクト。
    2007/10/17 9:23 PM posted by: Mina
    野口さん

    先日は私だけ不参加、すみませんでした。

    「ロマンティックが止まらない」というと、内藤選手と同い年の私としては、同じクラスのBさんがC−C−B好きだって言ってたなぁ〜とか、中山美穂のドラマなんかを思い出します。なんていうドラマでしたっけ・・・。

    内藤選手、「うぉ〜」ってなると期待して使ったらしいですね。・・・実際は「苦笑」だったそうですが。

    http://www.fujitv.co.jp/js/newest/backnumber/070916/digest-sub-1.html
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.arenjiya.com/trackback/753495