←prev entry Top next entry→
サイモン&ガーファンクル
0
    正月に長野でDVD観たせいか、サイモン&ガーファンクル熱が再燃。
    ここ最近、我が家ではえらいことになってます。
    寝ても覚めてもサイモン&ガーファンクル


    特にここ最近は
    セントラルパーク・コンサートDVDと2003年のオールド・フレンズ:ライヴ・オン・ステージDVD。
    この2つを何回、何十回・・・。エンドレス。

    ちなみにkeyは、セントラルパークがリチャード・ティー、
    再結成の方がウォーレン・バーンハート。
    おなじ曲・・・たとえば「明日に架ける橋」を
    どんなふうに弾いてるのか聴きくらべたりもして楽しんでます。

    正月以降、Oちゃんと相方君とも
    「50 ways〜」と「明日に〜」を今度やってみよう!
    と盛り上がってるので
    実は仕事そっちのけ〜で採譜

    ・・・なんて言ったら
    方々から怒られそうなので自粛。

    でも、前々から、
    どう弾いてるのか知りたいところ満載なので
    暇な時や合間合間にいろいろ採ってみようと本気で思い中。



    ちなみに。
    2003年の方の「明日に〜」は
    1コーラス目、アート・ガーファンクル、
    2コーラス目、ポール・サイモン(ここまでがほぼ生ピアノ1本)、
    間奏で転調〜バンドも入って2人でボーカル、という
    構成自体もドラマチックな展開。感動的です。
    ポール・サイモンが「明日に〜」のボーカルとってるの、
    はじめて見ました。


    そういえば、2,3日前に電話でOちゃんから
    「リチャード・ティーが弾いてるピアノみたいな楽器は何?」
    と聞かれたのですが、それについてはちょうど
    キーマガ3月号の森俊之さんの連載記事の中で紹介されてましたよ。

    ちなみに、このページの Dixie Chicken 採譜させていただきました。
    ちなみに、何も知らない私はリトル・フィート聴いたことなくて
    相方君にバカにされました。うちにあるらしいからあとで聴いてみよう。




    それにしても・・・

    ネットで興味のある情報を集められるようになったおかげで
    CDとかDVDとか購買意欲が増える増える!!

    やばいですよ、これは。
    まだまだほしいものいっぱい。


    ちなみに。アート・ガーファンクルの新譜が
    4月に出るらしいです。




    Mina

    | mina | CD&DVD | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.arenjiya.com/trackback/569434