←prev entry Top next entry→
『暗い日曜日 / Sombre Dimanche』
0
    美輪明宏さんて人は何者なのでしょうね。スゴイ。

    あらためて言うまでもないだろうけれど。

    相方が録画しといてくれた番組(SONGS?それとも特別版?)を観て、またしてもガツンとやられてしまった。

    美輪さんはすごいは当たり前、なのだけれど、
    セットや照明などなども美しくて、「老女優は去りゆく」など、1曲1曲聴く&観るだけで、映画の1本でも観終えた気分。

    あの、否応無しにヒトを惹きつけてしまう圧倒的な力っていうのはなんなのですかね。
    もうため息しか出ませんわ。


    ほんとうにこれは人のなせる業なのか?
    もはやニンゲンの域を超えてしまったかのよう。



    しかし、字幕(歌詞)はいらなかったなー。個人的には。
    歌とかその世界にどっぷり浸りたかった。
    (個人的な意見です、あしからず)

    目を瞑って聴いていたってハッキリわかるほどの美輪さんの日本語。
    歌詞なしでも十分、漢字まで浮かんでくると思えた。
    (ああいう声で歌っていたらコトバが聞き取りにくい人も多いと思うのだけれど)

    我が家はまだだけど、
    地デジになったら、各番組の字幕とかテロップ入りかナシかを選べる「字幕消し機能」とかほしいです。
    見なけりゃいいじゃん、といったところで、出ているとどうしても目は動くものの方へ行ってしまうのだもの。おかげで集中できず。

    オペラとか舞台でもそう(字幕ジャマ!と)感じること、けっこうあるのです。



    ///
    話もどって。
    番組の中で歌われていたシャンソン「暗い日曜日 / Sombre Dimanche」・・・
    ものすごい迫力?ラストの表情は 狂気の世界でした。

    「暗い日曜日」という曲が、実際にあったんですね。
    知りませんでした・・・

    というのも。

    私のFavorite映画の1つに『暗い日曜日』というのがありまして。
    あるレストランのオーナー(男)とオーナーの彼女であるウェイトレス(美女)とピアノ弾き(男)の物語、、、

    ネタバレするといけないからあまり書けないですが、問題のないところだけ、、、

    その映画の中でピアノ弾きの男がウェイトレスの彼女のために作った曲が『暗い日曜日』。
    その曲がレコードになって世界的に大ヒットし3人で喜ぶけれど、なぜかそれを聴いた人々が次々と自殺していってしまう・・・


    ・・・と、ここで話が終わったらおどろおどろしい映画で終わってしまうのだけれど、そうではないです。
    ワタシが想像してたストーリーとはまったく違った展開。

    3人の不思議な関係と、それに時代背景が重なって、よくできているというか、観終えて おもしろい!と言える映画でした。
    でも、けっして重すぎないです。おすすめ。

    暗い日曜日」、ヒマな日曜日にでもぜひ見てみて。

    なにしろ、ウェイトレスの女性が美しすぎ!(笑)
    3人の関係も美しく描かれていて、変なメロドラマちっくなドロドロとかべたーっとした感じは全くないです。詩的。
    ある意味、あの関係うらやましいぞ!?



    この「暗い日曜日」って曲が実際にあったということは、この曲の実際のエピソードを元にして話をつくったものなんでしょうね。

    映画ではこの曲自体、正直ちっともいい曲だとは思わなかったですが、
    (人が自殺するほどのインパクトがあるとも思わなかったし)
    世界大戦の頃だったから、たぶん時代背景的に退廃的な世相を反映してたのだろう、という気はしました。




    しかし、
    そんないい曲じゃなかった(単に自分好みじゃなかった)・・・と言いつつ、美輪さんの歌を聴いてしまったらちょっと感想変わってしまいますね。これはスゴイ曲だ、という風に。

    たしかに歌だったらメロディーのインパクトが違うかもしれないなぁ。


    シャンソンだったっていうことは、けっこう沢山のヒトにカヴァーされてるだろうから、聴いてみたい気もします。



    関連日記:「愛の賛歌
    以前CCレモンホールに行った時の日記
    http://blog.arenjiya.com/?eid=557935


    美輪さんの芝居も一度観に行ってみたいな。
    (けっこう芝居観に行ったりするの好きなんです。今月も1つ観に行きます! 『組曲虐殺』 音楽は全篇Jazz Pianist 小曽根真さんのピアノのようです。しかもご夫婦共演みたい。なんかいいなぁ、そういうの。 ・・・ところで、チケット取ったのだいぶ前なので、チケット手元にちゃんとあるかちょっと不安。)



    ///
    ところで!

    まったく話かわって。
    ひょんなことから、急遽、来月11月6日にカフェでのライブに出演します。たぶん決定。


    アコースティックな感じってことで、只今あれこれ考え中ですが、ソロ中心かなぁ。したがっておそらくALLインスト。
    新曲“マンダリン・ワルツ / Mandarin Waltz”(仮)もやっちゃいます。
    ドラムは長嶺章子。


    間違ってもマンドリンじゃないです。。

    マンドリンも弾けません。。

    マンダリンオレンジです。。

    でも、食べるオレンジっていうより、色、です。。

    Orange is my color ですから!



    まだまだオリジナルな曲たくさんやるのは自分的にリハビリ段階(?)なのでココには詳細は書かないですが、、、
    もし11月6日(金)の夜、東京のPOPでかわいらしい感じのカフェでゆっくりお茶(お酒)でもしたいな〜っていう方はメールでもください。個人的にお知らせしますので!

    ワタシまででもいいし、HP(info あっとまーく arenjiya.com )でもいいし、このブログのコメント欄にコメントくださってもいいし(コメント欄のE-mailアドレスは公開されないので)・・・


    ※10.26 追記: リハビリ撤回です!
     ワタシの曲(インスト。solo も有り、3ピースも有りで)3曲+残りは 某バンド の曲(ウタもの)やることになりました。
    わたしのいちばん最近の新曲は、友人のドラムありきで曲作りしている曲なのでdrums で彼女にも参加していただけることになりました。 drums: 長嶺章子

    ま、気楽なかんじです。
    貴方も貴女もそこのアナタも、気軽に遊びに来てね〜♪



    明るく健全?なカフェで・・・だなんて、うすぐら〜〜い所ばかりが大得意なワタクシとしてはどうなることかちょっと未知の世界。

    似合うように曲も自分もお化粧しなくては。です。


    そういえば、数日前に「年内ライブなくなって気が抜けた〜」って言ったばかりだったな。

    でもまぁ、よかったです。
    うれしいです。機会をさずけてくれてありがとう。




    じつはこの日、とある記念日だったりして。
    あーんど、そういえば、この日にライブパーティーやったこともあったね〜。あれは何年前だろ。


    Mina



    追記:
    相方が録ってくれていた番組は2009年10月14日(水)放送の
    NHK SONGS「美輪明宏スペシャル」だったらしい。
    以下、SET LIST(NHK SONGSのHP参考)
    ◆ふるさとの空の下に / 作詞作曲:美輪明宏
     長崎での被爆体験をもとに書かれた曲
    ◆暗い日曜日
     元は戦前にハンガリーで書かれ、後にフランスで歌われシャンソンとして知られるようになった、自殺をテーマに無償の愛を歌った曲。
    ◆おぼろ月夜 /高野辰之作詞・岡野貞一作曲
    春の月を歌った叙情歌。
    ◆白月 / 三木露風作詞・本居長世作曲
    秋の月を歌った叙情歌。
    ◆老女優は去りゆく 作詞作曲:美輪明宏
     女優の一生を7分以上にわたって歌い演じた代表曲。



    美輪明宏ベストセレクション [Best of]

    番組の中で歌っていた「老女優は去りゆく」、
    日本の童謡・叙情歌「朧月夜」(春の月)、「白月」(秋の月)


    美輪明宏 / ベストセレクション [Best of] [Limited Edition]

    「暗い日曜日」「愛の賛歌」「ボン・ボヤージュ」など


    映画「暗い日曜日」DVD



    この人が最初? ダミア「暗い日曜日」



    どうやらBjorkも歌っているらしい。Youtube でみつけちゃった。
    Björk 「Gloomy Sunday」
    AT&T Presents: Stormy Weather (The Wiltern Theater, Los Angeles, CA, USA)


    | mina | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.arenjiya.com/trackback/1034422