←prev entry Top next entry→
問い合わせ。
0
    “アルト・サックスのしらべ” の “トゥーランドット”にはどの部分が入っているのか・・・という問い合わせがあったらしい。
    リットーミュージックの編集さんから昨日電話があった。

    せっかくだから、参考までに
    ココにもメモっておくことにします。

    いろいろ制限のある中でいろんな場面をセレクトしてつなげなくてはならなかったので、じつは厳密にスパッとこの部分からこの部分に飛んで〜というワケでもなかったりします。
    同じモチーフが何度か使われていたりするので、いろんな部分を聴き参考にしつつ、1曲として違和感ないようにつなげた、という感じです。

    他にもいろいろ印象的な場面・メロディーはあったのですが・・・やはり「誰も寝てはならぬ」は外せないし、しかもラストにもってきたいし、、と考えたら割とぶなんにまとまってしまったかも。
    ほんとうは部分部分のつなぎのところで、さりげなーくちゃんとは使えなかったメロディーをもじって登場させてもいいかなと思ったのですが、そうすると長くなりすぎるためやめました。


    それと、オケでサックスがメロディーを吹いている子ども達のコーラスの部分はどうしても入れたいというのも大きかった。(なにせ、アルト・サックス曲集のクラシック編ということだったので)


    ////

    まず、サックス+ピアノ伴奏譜のP.42、【A】はこれはオペラでも冒頭の部分(もちろん第1幕)。“Popolo di Pekino!(北京の人民よ)”と歌が入る前まで。

    その次の、【B】〜の部分は同じく第1幕の “Padre! Mio padre!(父上!父上!)”などのあたり。


    サックス&ピアノ譜P.44の【G】は
    第1幕“Gira la cote, gira!(砥石よ回れ!)”の部分など。

    P.45の【I】は原曲(オケ)でもサックスがメロディーを吹く部分。子ども達のコーラスで“Là, sui monti dell'est(向こうの東の山々で)”。これも1幕。

    つづくJの部分は第1幕のラスト部分。このモチーフはけっこういろいろなところで出てきている“夕焼け小焼け”チックなメロディー。ミーミソラドドラソーー。

    P.47の【K】からはお待ちかね(?)第3幕 第1場“Nessun Dorma(誰も寝てはならぬ)”。“誰も寝てはならぬ”の部分と、オペラのラスト中のラストの部分をつなげたようなかたちです。


    以上、参考にしていただけたら幸いです!


    というか、さらに気になる方は楽譜屋さんで手にとっていただくのがイチバンかと(笑)
    坂東邦宣さんのサックス演奏だけでもこれは買い!です。


    坂東邦宣著・演奏「アルト・サックスのしらべ 極上クラシック編」




    ちなみにわたし、菊池美奈子が編曲担当したのは
    「Ave Maria(アヴェ・マリア)」by シューベルト、「Beau Soir(美しい夕暮れ)」by ドビュッシー、「Carmen The Prelude(カルメン 前奏曲)」ビゼー、「Le Carnaval Des Animaux 〜Finale(動物の謝肉祭〜終曲)」サン=サーンス、「Turandot(トゥーランドット)」プッチーニ、「荒城の月」滝廉太郎、「グリーンスリーヴス(ダニーボーイ)」、「ロンドンデリーの歌」「アメイジング・グレイス」、「ラプソディー・イン・ブルー」でした。


    それにしても、問い合わせいただいたのが昨日でよかった。なんてタイミング。
    一昨日なんて,ちょっとしたこと確認してこたえるだけでも ぜんっぜん余裕なかったので。食事もままならないくらい必死こいてました・・・。今日の昼間ももろもろバタバタしていて無理だったかも。なので。


    関連記事:
    2009.03.15 Sunday
    サックス曲集が出ます!




    /////////
    それはそうと、さいきんMySpaceなるものをつくってみました。まだ音源もないのに(←全然ダメじゃん!)
    でもいいの。音源あっぷしたら是非とも聴いてください!

    MySpaceやってる方いたら
    フレンドリクエストでもしてやってください(笑)
    (たぶん、“MySpace全体”という検索で「菊池美奈子」と入れると出てくるとおもいます。。)←10.10追記。URL:
    http://www.myspace.com/minachiでした。よろしく!

    というか、まだ「試しに」と思ってはじめたばかりなんですけどね。



    ちなみに、写真は前に別件で写真が必要な時におまけでとっていただいたモノ。

    何パターンか服もヘアメイクも替えていいよ、っていうことで「それじゃぁ」と3パターンくらい撮ってもらってしまいました。(+その場に同行してた者までちゃっかり撮ってもらってるし・・・)


    でも、もはやオマケがオマケなんかじゃないというか。
    はっはっはー。これはもう自分でもびっくりの、綺麗な写真です。笑うしかない。もしくはため息。
    芸術的。絵画みたいというか。
    ピアノに弦がうつってるところとかたまらない。。


    メイクしてkた飯山さんと、撮っていただいた内山繁さん "Whisper Not" に感謝感謝。
    Much Respect


    あぁぁ。もっと早く知ってたら結婚式の写真も撮ってもらうんだった。



    (Mina)

    | mina | 楽譜・スコア | comments(0) | trackbacks(1) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.arenjiya.com/trackback/1031891
    2009/10/10 10:02 PM posted by: 気になるキーワードでブログ検索!
    プッチーニ オペラ に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…